Stellar Movementsの概要

太陽系の力学的モデルである太陽系儀は英語圏ではOrreryと呼ばれています。
その中でも小惑星帯外側の外惑星まで含んでいるものを特にGrand orreryと呼称しており、Stellar MovementsはGrand orreryに分類されます。

その名から類推されるように Stellar Movementsは機械式腕時計の動力機構をイメージしたデザインで
機械式腕時計がトゥールビヨンに見出したロマンを太陽系儀に見出そうというコンセプトのもとで製作されました。
全体形状は18世紀ヨーロッパのGrand orreryをモチーフとし、機構部は機械式腕時計のデザインを取り入れています。

一般的な太陽系儀と同じく天板上には天王星までの7つの惑星と月が配置され、モータ駆動により公転します。
天板下には独自の機能として海王星、テンペル・タットル彗星、月相、タイムスケールを配置し、天板上の惑星と同期して運動します。
特に楕円軌道を描くテンペル・タットル彗星はこれまでどの太陽系儀にもなかった新しい機能で、惑星軌道とは一味違った動きを見ることができます。
電源は一般的なUSBポートから賄うことができ、また両手に収まるくらいのサイズなので置き場所や電源の位置をさほど気にすることなく、
机や棚など置時計を置くような感覚で扱うことができるでしょう。
本体は組立式となっていますが、組立に高度な技術は必要なくどなたでも組立ができるようになっています。

レトロモダンデザインで彗星の動きも再現するStellar Movements
ご興味が湧きましたら、是非ご購入ページで詳細をご確認くださいませ。

  1. この記事へのコメントはありません。